BLOG

WORK

津曲 龍二

コミュニケーションを重視した間取り

コミュニケーションを重視した間取り

長く生活の拠点となる家は、家族にとってかけがえのない憩いの場。

しかし、そんな家も間取り次第では親子のコミュニケーションが不足し、家族が向き合う時間が取りづらくなることもあります。

お子様が小さい頃はもちろん、将来的にも親子でコミュニケーションが取れる間取りにするためには、どのようなことを意識すべきでしょうか。

今回、コミュニケーションを重視した間取りについて私の考えを書かせていただきます!

個人差はあるものの、概ね小学校高学年になると自我が芽生え、自分の部屋を欲しがるようになるのもこの頃からでしょう。

1人の時間を確保しつつ親子のコミュニケーションもきちんと取れる間取り造りのポイントは

【短時間でも接触の機会を作る】だと思っています

短時間でも関わりを持つことで、親子間の意思疎通は十分に図ることができます。

そういった意味では、玄関から子ども部屋に直接行けるつくりはちょっと危険。

ですので、子ども部屋に行く際は必ずリビングを通るような間取りは望ます。

リビングを経由することで一度は顔を合わせられるので、ちょっとした日々のコミュニケーションを

積み重ねることができます。

また、階段途中に踊り場をつくり、そこを学習スペースにしたり、眠る時以外は自室ではなくその踊り場部分で勉強したり遊んだりするよう促すのもおすすめです。

↑子供部屋は一部屋でロフトスペースが個室となっています。子供達は上手に使っています。(笑)

↑小さいころはダイニングテーブルで勉強していました。

ポイントは親と子どもが互いに適度な距離は取りつつ、どこにいるかを把握できること。

お互いが身近にいることを感じられる間取りは、自然なコミュニケーションを促してくれるでしょう。

家族の大小にかかわらず、きちんと家族が顔を合わせる構造にすることで、コミュニケーションは自然と発生していくものです。お子様の教育に熱を入れるのと同じように、間取りの観点からも子育てを意識すると良いかもしれません。