BLOG

WORK

田中 成弥

家中のさまざまな点検箇所

家中のさまざまな点検箇所

こんにちは!工務課の田中です!

今日は家を建てた後のことを書きたいと思います。

トータルハウジングはお客様と打ち合わせを行い、家を作っていきます。
完成してお引渡しで完了。と思っている方も多いと思います!

ですが、家づくりはここで終わっても、維持をしていただくことが始まりとなります。

家は、木材、壁紙、電気製品等多くの材料からできています。
木材は収縮等があり、壁紙は木材の収縮により離れてきます。
電気製品に関して、メーカーは10年を設計上の標準使用期間と定めています。

何も起きない事が一番ですが、車等とも一緒で何かしらの不具合が出てきます。
建具の開きが悪くなった、クロスの境目が出てきた、玄関の鍵がかかりにくい等。

トータルハウジングでは、アフターサポート窓口を設けており工務スタッフとは別に
定期点検、アフター、リフォームの担当スタッフがいます。

小屋裏の点検だったり。。。

床下の点検だったり。。。

レンジフードのお手入れ、動作確認だったり。。。

何でもしています!
小さなことを残していると大きくなり手遅れになる場合も出てきます。
建物をきれいに維持するためにも些細なことでも構いませんので、
ご連絡ください。

適切な判断でご回答させていただきます!