BLOG

WORK

田中 成弥

床下の縁の下の力持ち

床下の縁の下の力持ち

こんにちは!

本社工務課 田中 成弥です!

皆さんは、この写真が何かわかりますか?

※撮り方へたくそですみません…

床下で大引きを支えている金物、『鋼製束』

これがあることで床の水平を保つことができ、
床鳴りの際、鋼製束を調整することで直すこともできます。

昔の束は、束石の上に大工さんが木材を取り付ける物でした。
ただ、湿気により腐ったり、シロアリに被害を受けるとの問題がありました。

それが、今は鋼が材料の『鋼製束』、樹脂が材料の『樹脂束』になってきています!

どちらも湿気、シロアリの問題はありません!

建物には見えないけど活躍している部材が他にもたくさんあります。

次のブログでも紹介させていただきます!